2014年06月18日

一手間加えるだけで美味しくなる

●最初の水が決め手?

お米を研ぐ時に、一番最初に入れる水はどうしていますか?

水道水から直接という方が多いのではないでしょうか。

ここで一手間掛けましょう!

水道水の水を、一旦、別の容器に入れておきます。

その水を一気に流し入れ、すぐに捨てます。

美味しいご飯を炊くには、お米を糠臭くしないことがとても重要になります。

米へ糠の臭いが移らないようにするには、とにかく「素早く」がポイントです。



お米は乾燥しているので、水を吸収する時に残念ながら糠の臭いも一緒に吸収してしまうのです。

その吸収を少しでも防ぐために、一気に水を流し入れ捨てる作業を早くしなければなりません。

早ければ早いほど良いことになります。

そのため、水道水の水を容器に貯めておけば、一気に水を流し入れることが出来るので、糠の匂いの侵入を防ぐことが出来るのです。
posted by 境 at 11:56| Comment(0) | お米 | 更新情報をチェックする

美味しいご飯の炊き方とコツ

洗米

まず、さっと洗います。
最初に入れた水はすぐに捨て、その後、水を入れて軽く5,6回混ぜ水を捨てるを3回くらい繰り返します。
完全に白濁がなくなるまで洗う必要はありません。

ゴシゴシこすり洗いはお米の割れる原因になりますのでやさしく洗うことが大事です。

水切り

洗ったお米をざるにあけて水を切りますがこれも短時間が理想的です。
空気にさらされているうちに米が割れることがあるからです。

水加減から炊飯

そして、水を切った米を炊飯器で炊きます。
水は炊飯器の目盛りを基準にしていいと思います。
新米は目盛りよりやや少なくておいしく炊けます。



炊飯までに水につける時間は最低でも30分は必要です。

米の種類により、水につけておく時間が長いほうがおいしいものもあります。
その場合、常温で浸けておくと風味が落ちますので冷蔵庫に入れたほうがよいでしょう。


ご飯が炊き上がったら
お米に水分をいきわたらせるために、蒸らし時間を10分はとってください。

また蒸らしすぎますとふたに付いた水気がご飯に落ち、べちゃべちゃになってしまったり
早く黄ばんでしまうご飯になります。

ほぐし

ご飯は炊き上がったら必ず、ほぐします。

しゃもじで十字を切るように底から優しくざっくりほぐしますと3.jpgふっくらとおいしいご飯になります。
posted by 境 at 11:27| Comment(0) | お米 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。